AnnexeⅡ【分室Ⅱ】〜 香水瓶②

Related Item その他香りの関連作品

PUIFORCAT Set of Silver-Gilt Perfume Funnel and Powder Scoop
ピュイフォルカ 鍍金銀製香水用漏斗と白粉用スコップ一揃い

c1920 Paris France
1920年頃 パリ フランス
刻印:ミネルヴァ(純度950) 工房印 グラヴュール:PUIFORCAT. PARIS
長さ:(漏斗)3.9cm (スコップ)7.6cm
 
銀器工房として1820年パリに創業、現在も一流銀器メーカーのひとつとして君臨するピュイフォルカの作品。香水を携帯用の香水瓶に移すための漏斗と白粉(おしろい)をパウダーコンパクトに移すためのスコップの揃いである。銀の酸化を防ぐため、厚い鍍金が施されている。アールデコ期のモダンガールは、趣向を凝らした化粧用コンパクトやヴァニティケースを携帯し、人前で化粧直しをすることをファッションとしていた。
 
オリジナルケース入り。
 

Metal Turtle Small Nécessaire with Scent Bottle and Pins
金属製亀型小ネセセール(気付け薬入れとピン)

c1890 Austria
1890年頃 オーストリア
刻印なし 長さ:6.3cm(カン含まず)
鍍金された金属 トルコ石 色ガラス(?) ガラス
 
亀の甲羅の蓋を開けると気付け薬用の小さなガラス瓶とピン4本が入っている。模造真珠の頭のついたピンは元は6本収納されていた模様。シャトレーヌ(帯飾り)に装着するためのカンを口でくわえた亀の頭部は左右に首を振る仕掛けとなる。
 
遊び心のある変わった作品は高級素材ではない場合も多く、この作品のように中身まで残存することは珍しい。