Doll〜人形図録13 

Pair of Wooden Articulated Female Mannequin's Forearms (by Fred Stockman?)
女性マネキン木製関節前腕一対(フレッド・ストックマンによる?)


c1900 France
1900年頃 フランス
長さ:45.5cm サインなし
 
 世界初のマネキン会社を設立したラヴィーニュの弟子であったベルギー出身の芸術家 フレッド・ストックマンは、1869年に自分の会社 "Stockman Freres, Bustes et Mannequins" をパリに設立する。
 
 彼のマネキン事業成功の鍵は、マネキンの購入を検討している店舗側の予算や用途に合わせて各関節ごとに素材や関節箇所をカスタムできることであった。特に手は、指の第一、第二関節、付け根における球体関節の有無によって「指一本幾ら」と細かく価格設定されていた。
 
 この作品は、親指と人差し指は全関節に、中指、薬指、小指は付け根に合わせ釘の球体関節を仕込んだ、繊細な仕草が再現出来る上等な手首をもつ女性の両前腕で、手袋等の小物を持たせてディスプレイされる全身マネキンの一部である。
 
 右人差し指に使用された金属釘からの浮きさび(左指は木釘)あり。左肘四角ナット欠損。