CabinetⅣ 【第Ⅳ室】〜Jewellery 宝飾品
img_2203.jpg img_2199(1).jpg
  2 images

Jewellery〜宝飾品図録44

NapoleonⅢ Diamond /Turquoise Giardinetti Ring
ナポレオン3世ダイヤモンド/ターコイズ・ジャルディネッティリング


Mid 19thC Probably France
19世紀中期 おそらくフランス
刻印:フクロウ(18金)、白鳥(銀)
ベゼル:2.3cm リングサイズ #9ぐらい
ダイヤモンド ターコイズ ゴールド 銀
 
ジャルディネッティ(Giardhinetti)は小さな庭を意味するイタリア語Giardinettoの複数形で、庭園に咲き乱れる草花をイメージした花束や花籠をモチーフとした18世紀から19世紀初頭に流行したジュエリーデザインのひとつである。ジョージアン特に18世紀作品は荒削りでヴォリュームあるダイヤモンドや色石を使い、素朴ながら左右非対称の大胆なデザインが魅力であり、アンティークリング好きの間で人気が高い。
 
ダイヤモンドとターコイズで埋め尽くされた花束のベゼルの、やや時代が下がった19世紀半ばの彫刻的なリングである。クッションカットやローズカットのメレーダイヤモンドを敷き詰めたミリ単位の花や葉のモチーフは、当時のイブニングドレスの胸元を覆う大きなダイヤモンドブローチのデザインをそのまま指輪サイズに凝縮した驚くべき細工である。花冠や蕚の形が異なるダイヤモンドの花々はそれぞれが別の方を向きオランダ静物画に描かれた豊かな花束のようである。煌めく小さな花の庭を手元に纏い様々な角度から眺め密かに愉しみたいリングである。
 
*画像に使用しているケースは付属しません