AnnexeⅪ【分室Ⅺ】〜裁縫道具

Needle Case 針入れ(ニードルケース)

Louis XVI Carved and Pierced Ivory Needle Case
ルイXVI世 象牙透かし彫りニードルケース

Late 18thC Dieppe France
18世紀後期 ディエップ フランス
サインなし 長さ:8.0cm 象牙 絹
 

 
繊細なレースの如く象牙を透かし彫りした見事なロココ時代作品。収納する針が通り抜けないほど細かい透かしのニードルケースは、三段になっている上部の蓋はシンブル(指貫)、下部はテープメジャーとなっている。
 
貴族の嫁入り道具のひとつで、二羽の鳥、クピドの矢筒、愛に燃える二つのハートなど婚礼を表す意匠が刻まれている。
 

Palais Royal Mother-of-Pearl Needle Case
パレ・ロワイヤル 白蝶貝ニードルケース

c1820 Paris France
1820年頃 パリ フランス
刻印なし 長さ:8.5cm 白蝶貝 オルモル
 
18世紀後期、オルレアン公ルイ・フィリップⅡは自宅であったパレ・ロワイヤル中庭の回廊を商店街に改装して民衆に開放した。一時革命の政治拠点ともなったが、帝政時代はパレ・ロワイヤル(王宮)の名にふさわしい高級商店が軒を連ね、世界中から多勢の王侯貴族が従者を引き連れて訪れた。彼らはフランスの力と富に感銘を受け、高級な土産品を買い求めて帰国し、それらの品々は各地で流行の先端となった。
 
パレ・ロワイヤル作品の特徴であるエナメル・パンジーのメダイヨンの付いた白蝶貝のニードルケースは、彫刻を施した贅沢なタイプ。ケース入り裁縫道具一式から解体されたものと思われる。フランス復古王制を象徴する工芸品のひとつといえよう。
 

Palais Royal Mother-of-Pearl Needle Case
パレ・ロワイヤル 白蝶貝ニードルケース

c1820 Paris France
1820年頃 パリ フランス
刻印なし 長さ:9.0cm 白蝶貝 オルモル
 
18世紀後期、オルレアン公ルイ・フィリップⅡは自宅であったパレ・ロワイヤル中庭の回廊を商店街に改装して民衆に開放した。一時革命の政治拠点ともなったが、帝政時代はパレ・ロワイヤル(王宮)の名にふさわしい高級商店が軒を連ね、世界中から多勢の王侯貴族が従者を引き連れて訪れた。彼らはフランスの力と富に感銘を受け、高級な土産品を買い求めて帰国し、それらの品々は各地で流行の先端となった。
 
パレ・ロワイヤル作品の特徴であるエナメル・パンジーのメダイヨンの付いた白蝶貝のニードルケースである。ケース入り裁縫道具一式から解体されたものと思われる。フランス復古王制を象徴する工芸品のひとつといえよう。 

*HOLD *

Silver Neo-Renaissance Caryatid Needle /Bodkin Case
銀製ネオルネサンス・カリアティード・ニードルケース

c1870 France
1870年頃 フランス
刻印:うさぎの頭 判読困難な工房印 長さ:8.9cm
 
古代ギリシャの神殿建築で梁を支える女像柱をカリアティードと呼ぶが、この銀製ニードルケースは、ヴェールを被り目を閉じ微笑む女性(女神?)をカリアティード風にデザインしたものである。女の首飾りや髪飾り、植物など非常に精巧なつくりである。
 
アンティークの紐通し針(ボドキン)一本が付属する。
 

Ivory Crochet Hook /Bodkin Case Inset with Micro-Carving Miniature 
象牙マイクロ彫刻画入りかぎ針/紐通し針入れ

c1810 France
1810年頃 フランス
サインなし 長さ:12.3cm 象牙 ガラス カットスチール 合金 
 
かぎ針や紐通し針を収納できる長さのナポレオン帝政期の象牙ケースである。百分の数ミリで彫刻された象牙レリーフのマイクロ彫刻画で愛に燃える二つのハートに花冠を捧げるクピドを、片面にセピア顔料でGとSの頭文字を描いたケースは貴族の婚礼に関する品であったと推察される。 帝政様式(エンパイアスタイル)のシンプルなデザインながら、ケース全体の規則的な縁取りは手彫りで、丁寧な作りとなる。
 

French Porcelain Lady's Arm Grasping Bunch of Grapes Needle /Bodkin Case
フランス磁器製「葡萄の房を持つ女の手」ニードルケース

c1880 France
1880年頃 フランス
刻印なし 長さ:10.2cm 磁器 白色金属
 
淡黄色に花地紋のドレスの袖から出た、黒いレース手袋を嵌めた貴婦人の手が葡萄の房を持っている形の磁器製の針入れである。小指に指輪まで描き込まれた女の手の表情が優美である。花レリーフの金属製蓋は蝶番により開閉でき、ケース内部は釉薬が施されている。窯印は無いが、18世紀のエナメルや陶磁器作品の写しを得意としたパリのサムソン工房の作品と思われる。
 
葡萄の実と葉に一箇所極小の欠けあり。
  

Carved Ivory Smiling Baby Crochet Hook Case
象牙彫刻 笑顔の赤子かぎ針入れ

Late 19thC France
19世紀後期 フランス
サインなし 高さ:11.5cm
 
19世紀ヨーロッパの上流階級の女性は、竜舌蘭の一種から作られた糸を用いて、ベッドカバーやテーブルクロスの縁飾り、装飾用の小さいドイリーやテーブルセンターを趣味と実益を兼ねて編んでいた(クロッシェ・レース)。
 
この作品は、レース編みを楽しむ女性のために制作された、様々なサイズのかぎ針や小道具を収納できるケースである。ボンネットとスタイを着けたにこやかな笑顔の赤ちゃんの象牙彫刻は、出産祝いの贈り物であったのかもしれない。
 

過去の作品

Silver-Gilt Neo-Renaissance Satyr Needle /Bodkin Case
鍍金銀製ネオルネサンス・サテュロス・ニードルケース

c1870 France
1870年頃 フランス
刻印:うさぎの頭 判読困難な工房印 長さ:8.2cm
 
幻獣など異形の生物と植物の曲線文様で装飾する美術様式グロテスクは、古代ローマを起源とし、ルネサンス盛期にグロッタ(人工洞窟)の流行とともに広まった。19世紀に新古典主義の影響から再び流行し、幻想的な意匠はのちのアールヌーヴォーなど世紀末芸術に影響を与えた。
 
グロテスク風装飾の銀製針入れは、精霊サテュロスが蓋の先端で妖しく嗤い、ケース全体を覆う植物文様のあわいにドラゴンや鳥を配した緻密なつくりである。
 
アンティークの紐通し針(ボドキン)一本が付属する。
*SOLD*
 

Silver Needle Case Depicting Girl Knitting and Cat by F. P. Lasserre
F. P. Lasserre 銀製「編み物をする少女と猫」ニードルケース

c1900 France
1900年頃 フランス
刻印:猪の頭(純度800) 判読困難な工房印 F.P.LASSERRE 長さ:6.7cm
 
熱心に編み物をする少女、少女の手元からのびる糸の先の毛糸玉に戯れる猫、フランスでは「クール・ド・マリー(マリアの心臓)」と呼ばれるケマンソウのハート形の花々、が7cmに満たない小さな容器に細密に表現されている。
 
アールヌーヴォーからアールデコ期にかけてメダル芸術の第一人者であった彫刻家 F. P. ラセール Firmin-Pierre Lasserre(1867-1930)の作品。
*SOLD*
 

Carved Ivory Hunter Top Chamois Horn Needle Case
象牙彫刻ハンター/シャモア角・ニードルケース

Late 19thC France or Switzerland
19世紀後期 フランスまたはスイス
サインなし 長さ:11.8cm 象牙 シャモアの角
 
シャモアの角に象牙彫刻の装飾を施したニードルケースである。象牙の蓋は、腕を組んで鉄砲を支えた帽子の男の意匠で、男の髭や上着からのぞくネクタイまで細かく彫刻されている。男の全身はわずか2.6cmである。象牙部分の茶色顔料で着色された箇所は、象牙の白と角の黒にバランス良く配色されている。繊細な彫刻の技巧と、それが破損せずに残されてきた時間を考えると奇跡的な作品といえる。
*SOLD*