AnnexeⅪ【分室Ⅺ】〜裁縫道具

Other Tools その他の手芸道具

Pair of Palais Royal Mother-of-Pearl Handled Scissors
パレ・ロワイヤル 白蝶貝ハンドル手芸鋏

c1820 Paris France
1820年頃 パリ フランス
刻印なし 長さ:12.3cm 幅:4.9cm
白蝶貝 スチール 金色合金
 
18世紀後期、オルレアン公ルイ・フィリップⅡは自宅であったパレ・ロワイヤル中庭の回廊を商店街に改装して民衆に開放した。一時革命の政治拠点ともなったが、帝政時代はパレ・ロワイヤル(王宮)の名にふさわしい高級商店が軒を連ね、世界中から多勢の王侯貴族が従者を引き連れて訪れた。彼らはフランスの力と富に感銘を受け、高級な土産品を買い求めて帰国し、それらの品々は各地で流行の先端となった。
 
この鋏もそのひとつで、パレ・ロワイヤル作品の特徴である白蝶貝に白鳥や花を刻み、星形の透かし彫りを施したハンドルが見事である。
 
携行用ネセセールなどのケース入り裁縫道具一式から解体された鋏と違って、比較的大きなサイズの手芸用の鋏となる。大きく厚い白蝶貝の手彫り感の迫力は、フランス復古王制を象徴する工芸品のひとつといえよう。
 

Pair of Gold Handled Scissors by Auguste Belleau
オーギュスト・ベロー 18金製ハンドル手芸鋏

c1850 Paris France
1850年頃 パリ フランス
刻印 : 鷲の頭(18金)、A B(工房印) 長さ:9.1cm 幅:3.5cm
イエローゴールド スチール
 
19世紀半ばよりパリで活動していた金銀細工および宝飾工房オーギュスト・ベローの作品で、携行用ネセセールなどのケース入り裁縫道具一式から解体された手芸用の鋏である。18金のギョーシェ彫りの上に規則的な花文様を手彫りを施した彫金細工が素晴らしい作品。
 

Ivory Stick Out Tongue Face Tape Measure
象牙製舌だし男テープメジャー(巻き尺)

Late 19thC France
19世紀後期 フランス
サインなし 象牙 ガラス 木綿 真鍮
縦:4.7cm 横:4.4cm(ハンドル含まず) 高さ:3.8cm
 
この作品はパチネされた象牙製で、舌を引くとセンチ単位100cmの赤いテープリボンが出て、側面の真鍮製のハンドルでリボンを巻き上げる仕様となる。安価なセルロイド製の型ものが台頭してきた時期にありながら、象牙を彫刻した大変ユニークな意匠の珍しいテープメジャーである。
 
舌を思わせる赤いテープが切れずに残存し、巻き上げ機能も良好な状態であるのは非常に貴重である。
 

Porcelain Cat Head Tape Measure
磁器製猫の頭テープメジャー(巻き尺)

c1920 Germany
1920年頃 ドイツ
窯印なし 高さ:4.7cm 磁器 合金 木綿
 
猫の頭上にある黒く着色された金属製の虫(蜘蛛?)を引っぱると、センチ単位100cmのテープリボンが出る仕様である。磁器の製造を得意としたドイツにおけるユーモア溢れるノベルティ作品(目新しく珍しいの意)である。
 
ハンドペイントされた猫の顔と横倒しの両耳が、頭上の異物を警戒する猫の様子をリアルに表現している。
 
虫の脚に欠損あり。
 

Metal Rabbit Tape Measure
金属製うさぎテープメジャー(巻き尺)

c1900 Probably Austria
1900年頃 おそらくオーストリア
刻印なし 体長:6.0cm(尻尾含まず)
金色合金 ガラス 木綿
 
茶色く着色した金属製うさぎのメジャー。目には藍色のガラスビーズが嵌められている。腹部からセンチ単位100cmのテープリボンが出て尻尾で巻き上げる仕様である。野うさぎの毛並みが細かく表現され、ヴィエナブロンズなど金属製の動物作品を得意としたオーストリアで製作されたものと思われる。
 

Maison Eugène Flocon Set of 4 Tortoiseshell Crochet Hooks in Leather Case
Maison Eugène Flocon 革ケース入りべっ甲かぎ針四本一揃い

c1880 Paris France
1880年頃 パリ フランス
刻印なし かぎ針(最大):24.5cm
べっ甲 銀張りされた金属 皮革
 
アフガン編み(チュニジアン・クロッシェ)用に特別長く作られたべっ甲製のかぎ針4本セット。直径の異なる編み針にそれぞれ巻き付いた蛇の装飾が施されている。
 
革ケースには金の箔押しで、"MAISON EUGÈNE FLOCON PARIS"とともに "TUNIS,ALGER,ORAN"と表記され、フランス植民地帝国の都市チュニス、アルジェ、オランに支店があったことを窺わせる。
 
一点のみ蛇の尾に僅かなダメージあり。
 

過去の作品

Pair of Victorian Silver Mounted Scissors and Sheath by Levi & Salaman
Levi & Salaman ヴィクトリアン銀製鞘付き裁縫

1883 Birmingham England
1883年 バーミンガム イギリス
刻印:純度950、1883年、バーミンガムを表す英国印、L&S(工房印)
長さ:12.3cm 銀 スチール
 
シャトレーヌは懐中時計や印章、裁縫道具等を腰帯(ベルト)から吊り提げるための装身具で、貴婦人がコルセットでウエストを強調していた18世紀に流行した。革命後、直線的なドレスの流行で廃れるが、王政復古とともにコルセットも復活しシャトレーヌも再び着用された。
 
シャトレーヌ用の鞘が付いた、ボタン付けや繕い向けの裁縫鋏である。19世紀後期イギリスでは、上流家庭の女主人に代わり食料庫の鍵や実用道具を、家政婦長がシャトレーヌに付けて着用したため、シンプルなものも多いが、この鋏は渦巻きを多用したロカイユ装飾の銀細工が贅沢な作品である。
*SOLD*
 

Carved Wood Fish Hussif (Small Sewing Kit)
木製魚型裁縫道具入れ

Late 19thC Probably England
19世紀後期 おそらくイギリス
サインなし 長さ:15.4cm シナノキ ガラス
 
英語のHousewife(主婦)を意味する中世英語"Hussif"は、兵士も所持したボタン付けや繕いのための裁縫道具入れを指す。魚の頭の蓋を開けると魚の骨を思わせる糸巻きが現れる。糸巻き両端には花が彫刻されており、片側の花の蓋を開け、針を収納できる仕様となっている。
 
ガラス目が象嵌されたユーモラスな魚の、大変珍しい作品である。
*SOLD*
 

Silver Chick Pin Cushion by Henry Matthews
Henry Matthews 銀製ひよこ型ピンクッション

1913 Birmingham England
1913年 バーミンガム イギリス
刻印:純度950、1913年、バーミンガムを表す英国印、H M(工房印)
高さ:5.0cm 銀 ガーネット 絹
 
英国銀製のひよこ型ピンクッションは、ヴィクトリア時代から現代までノベルティ(目新しく珍しいの意)作品として数多く製作され、蒐集家に親しまれてきた。
 
当時のシルクヴェルヴェットのクッションが残る、目にガーネットを嵌めた銀製のひよこは、ヴィクトリアン様式の銀作品で定評のあるHenry Matthews工房による。ころりとした形状が可愛らしいひよこは、若干サイズが大きめで、手芸用のピンだけでなくスティックピンを刺して飾っても楽しい。
*SOLD*
 

Square Pin Disc Applied with Carved Ivory Terrier Head
テリアの頭の彫刻つき象牙製正方形ピンディスク

c1880 Probably England
1880年頃 おそらくイギリス
サインなし 3.7 x 3.7cm 象牙 絹
 
角丸正方形の象牙板2枚で薄いピンクッションを挟んだピンディスクである。おもて面に当時、狐狩りに重宝されたテリアの頭とそれを取り巻く乗馬鞭の彫刻がつけられている。鞭の握り部分も犬の頭の意匠となっており、愛犬家の女性向けであったと思われる。
 
ピンを刺す部分は紫色のシルクヴェルヴェットで当時のピンが残っている。象牙の感触が手に心地よく、四角いマカロンのような見た目も愛らしい作品である。
*SOLD*