Doll〜人形図録09

J. N. Steiner "La Valseuse" Mechanical Bisque Doll
J. N. ステネール「ラ・ヴァルスーズ」機械仕掛けビスクドール


c1870 France
1870年頃 フランス
マークなし
高さ:40cm
 
 ショルダービスク、固定されたブルーのペーパーウェイトアイ、上下に歯のあるオープンマウス、ピアスされた耳、ビスクの下碗、オリジナルのモヘアウィッグ。脚の表現は無く、機械が内蔵されたスカート型の円錐形板紙底部に車輪がついている。人形と一体式のキーを巻く事により、腕を上下しながら、円を描く様に移動(円舞)し、「ママ」と声を出す仕掛けである。白い木綿レースのサマードレスと腕輪はオリジナル、緋色で揃えた帽子と胸の花はアンティークでおそらく後の誂えと思われる。
 
 ジュール・ニコラ・ステネール(1832-1902)は元来時計職人であったため、初期の人形は機械仕掛けの作品が多く制作された。「ラ・ヴァルスーズ (ワルツの乙女)」もそのひとつとなる。メカニズムはもちろんのこと、白く焼かれたビスクの肌、上下に歯を見せる神秘的な微笑み、ビスクハンドの指表現など、人形としても大変優れた作品である。