CabinetⅣ 【第Ⅳ室】〜Jewellery 宝飾品
img_2629.jpg img_2654.jpg
  2 images

Jewellery〜宝飾品図録41

Guilloché Enamel Diamond Witch's Heat Pendant
ギョーシェエナメル/ダイヤモンドウィッチズハートペンダント


c1870 France
1870年頃 フランス
刻印:鷲の頭(18金)、5181
長さ:3.1cm(カン含まず)
ダイヤモンド ゴールド 銀
 
先端が左右どちらかに傾くハート形はウィッチズハート(witch's heart 魔女の心臓)と呼ばれ、中世から悪霊を退けるとして主に子どもの魔除けとされた。18世紀以降ウィッチズハートジュエリーは「魔法にかけられた(bewitched)」ように恋に落ちた相手へのラブトークン(愛のしるし)として愛する人へ贈られた。
 
古代から高貴な地位を象徴する色ロイヤルブルーのエナメルをファセット(カット面)の少ない大小のオールドカットダイヤモンドで贅沢に縁取ったウィッチズハートペンダントである。中央の大粒ダイヤモンドから放射状に広がる旋盤模様が透けて見えるよう透明感のあるエナメルを施したギョーシェエナメルと、ハートを縁取る植物曲線のダイヤモンド装飾、左右非対称の意匠が動的で洒落た雰囲気である。豪奢過ぎず優美で軽やかな印象がフランスらしい作品である。裏面ロケットのガラスが欠損している。オリジナルではないが画像のアンティークケースが付属する。