CabinetⅡ Bibliothèque 【第Ⅱ室書庫】〜Books 古書
  img_0193.jpg img_0194.jpg img_0195.jpg
3 images

Books〜古書図録15 

Jacques de Lacretelle "Lettres Espagnoles" Illustrated by Marie Laurencin
ラクルテル『スペイン便り』マリー・ローランサンによる挿画本


1926 Société d'Édition "Le Livre" Paris France
1926年 Société d'Édition "Le Livre" パリ フランス
限定325部のうち No.10* エッチング
使用紙 : Vélin de Cuve du Malais 24.5 x 17.0cm 181p
ハードカバー フランス語
 
第一次世界大戦終結後1920年代のパリ、人々は街に繰り出して平和と自由を謳歌し、古い価値観から解放された女たちは自由と共に新しい女性像を模索し始めた。「狂乱の時代」と呼ばれるこの時期、キュビズムを経て時代の寵児となった女流画家マリー・ローランサン(1883-1956)が挿画を手掛けた1926年出版のフランス人小説家ジャック・ド・ラクルテル(1888-1985)の『スペイン便り』初版本である。
 
戦時中スペインで亡命生活を送ったローランサンが独自の画風で描く繊細なエッチング挿画11葉(扉絵1葉含む)の中の女性像は、情熱的なスペイン女のイメージと相反し、儚げで少女のようにあどけない。挿画にサインは無い。
 
ヤケ、シミのない良好な状態。背金箔の臙脂色モロッコ革、角革とマーブルペーパー表紙、同じく臙脂色の見返しに天金の美しい装幀は、F. DUPON(革に小さく金の箔押し)による。