3 images

Doll〜人形図録16

Wax Infant Jesus Asleep in Polyhedron Glass Case
多面体ガラスケース入り蝋製人形「眠れる幼子イエス」


Mid 19thC  Italy or France
19世紀中期 イタリアまたはフランス
高さ:28.0cm
 
スパンコールを散りばめたクイリング細工と造花で豪華に装飾した四柱式寝台で眠る幼子イエスをガラスケースに収めた作品。板ガラス同士を模様のある紙テープで留めて作った多面体ケースは木製球体の脚付き。刺繍を施した青いシルクのお包みのイエスと、その足元に寄り添う鶏と蛇は蜜蝋(ワックス)製である。
 
ケース奥中央には、後光の射す三角形(神)とメタリックな金の鳩(精霊)とともに、天の声「これは私の愛する子、私の心に適う者である(マタイ福音書3章17節)」とラテン語で記された巻紙が配されている。
 
笑みを湛えた安らかな寝顔のイエスは、2百年近くの時を経た今もまたこれから先も見る者の心を和ませる、小さな癒しの人形である。
 
ガラスに一箇所ニュウ、ガラスの貼り合わせに一部ズレあり。