Jewellery〜宝飾品図録01

Neoclassical Bristol Blue Glass and Agate Cameo Ring
新古典主義 ブリストルブルーグラスと瑪瑙カメオのリング


c1800 France
1800年頃 フランス
刻印なし ベゼル:3.6cm リングサイズ #10.5
縞瑪瑙 ガラス ピンクゴールド 
 
 フランス革命後、華美なロココ様式に対して古代ギリシャ・ローマの純粋性を理想とする古典様式が流行、ナポレオンの台頭によって英雄主義的な主題はさらに好まれ、新古典主義と呼ばれる芸術思潮が主流となる。
 
 古代から高貴な地位を象徴するロイヤルブルーの縦長の指輪はこの時代の流行で、青いエナメル板やイギリスのブリストルで作られたブルーグラス板にダイヤモンドやパールを嵌め込んだものが一般的である(19世紀後期にもリバイバルする)。
 
 この指輪は、古代ローマ時代またはルネサンス期の瑪瑙カメオをブルーグラスに嵌め込むという、大胆かつ非常に珍しい組み合わせで、200年以上前のデザインとは思えない斬新さである。
 
 カメオの一部に欠けあり。
 
*画像に使用しているケースは付属しません