Jewellery〜宝飾品図録06

Sepia Miniature Hairwork Mourning Brooch
セピアの細密画と毛髪細工のモーニングブローチ


c1840 England or France
1840年頃 イギリスもしくはフランス
刻印なし 縦:2.7cm 横:3.5cm
毛髪 象牙 ガラス 銀 金色合金
 
 故人の毛髪を形見として今は亡き人が生きていた証とする慣習は多くの文化圏で見られる。特に細く柔らかい髪質の人種が多いヨーロッパでは、18世紀の北欧を起源として毛髪自体を細工する工芸の域にまで高めた。それらは毛髪細工(ヘアワーク)と呼ばれ19世紀欧米では、遺髪でモーニング(追悼の)ジュエリーに仕立てて身に着けることが流行した。
 
 象牙の板にセピア色顔料と遺髪で描かれたミニアチュール(細密画)は、故人の頭文字A.W.とともに、墓石の下の髑髏(死)としだれ柳(哀悼)、鎌(死神)から自由になり天へ飛翔する蝶(魂)が描かれている。オリジナルの凸面ガラスにおさめられた銀枠のブローチである。