Others〜その他の作品図録08

Silver Baby Rattle with 7 Bells and Ivory Teethers
Silver Pulcinella Baby Whistle and Rattle with Coral Cornicellos and Teether
銀と象牙のガラガラ/銀製プルチネッラと珊瑚のガラガラ


Late 19thC England(?) / Probably Italy
(鈴付き)19世紀後期 イギリス(?) 判読困難な刻印(イギリス工房印?) 長さ:14.3cm
(道化師)19世紀後期 おそらくイタリア 刻印なし 長さ:14.3cm
 
 欧米において「銀の匙を口に入れて生まれてくる」という表現は、豊かな家系に生まれることを意味する。子どもに貴金属を贈る風習は、子どもの一生を通じて家族の社会的、経済的な地位が保たれるようにという願いが込められている。
 
 金製銀製のガラガラはその代表的な誕生祝いの品であり、ユニークな意匠のものも数多く、欧米では蒐集家の多いアイテムである。赤ちゃんが口に入れて歯固めできるよう、持ち手は象牙や珊瑚などの天然素材である。
 
 この2点は珍しい形状のガラガラである。象牙のガラガラは、通常傷みやへこみの多い銀の鈴が7つとも状態が良く、鳴りもよい。珊瑚のガラガラは、コメディ・デラルテの道化師プルチネッラの裾から幸運の角が垂れており、ナポリで魔除けとされる意匠である。衣装の柄やボタンなど非常に繊細な細工である。頭の先が笛となる。
 
*2点は別売です