Paintings〜絵画図録09

17thC Oil Painting on Copper "Adoration of The Child"
17世紀銅板油彩画「幼子イエスを礼拝する聖母」


Middle 17thC Italy or Flanders
17世紀中期 イタリアまたはフランドル
署名なし
イメージサイズ:21.6 x 17.2cm 額:縦 31.0cm 横 26.0cm
同時代の金彩額
 
 金属のプレス加工技術の発達にともない、銅板は油彩画の支持体として17世紀頃から頻繁に使用されるようになる。銅板は木板やキャンバスの支持体に比べ、薄くて軽いため持ち運びが容易で、特に宗教画は海を渡る宣教師に好まれ布教活動に活用された。
 
 一方で銅板の油彩画は、何かの衝撃で板に歪みやへこみが生じるとその箇所から顔料が剥落する欠点があり、損傷や修復の無いアンティーク作品は非常に稀少である。この作品は木板で裏打ちを施され額装されており、大変保存状態が良い。
 
 後期ルネサンスからバロック期の絵画表現の特徴ともいえる、漆黒の暗い背景からハイライトを浴びて浮かび上がる聖母子の白い肌と金の後光が、劇的な印象を与える作品である。