Works of Art〜美術工芸品図録07

Japanese Carved Ivory OKIMONO Cat
日本象牙彫刻置物「猫」


c1900 (Meiji) Japan
1900年頃 明治時代 日本
刻銘 : 秀仲 高さ:5.2cm
  
 日本における象牙細工は江戸時代、根付や三味線の撥(ばち)の需要とともに工芸品としての高まりを見せる。しかし明治維新で日本人の生活が西洋化し、着物から洋服へと変わったことで根付の需要は減少し、彫刻職人は失業の危機を迎える。
 
 一方、1873年(明治6年)のウィーン万博以降、日本の象牙細工は欧米で高く評価され、象牙工芸品の輸出が増加する。職を失った根付職人たちはその卓越した技術で欧米輸出向け象牙工芸品の制作に方向転換する。
 
 この猫もヨーロッパ向けに製作された作品で、一つの象牙から台座まで彫り出された置物である。黄金色の猫目は貝が嵌められている。海外の蒐集家が、日本固有の神仏よりも動物や美人といった万国共通の意匠を好んだことは想像に難くない。この作品を掌にした猫好きの蒐集家が極東の日本猫に想いを馳せたのであろうか。