CabinetⅢ 【第Ⅲ室】〜Works of Art 美術工芸品
3 images

Works of Art〜美術工芸品図録36

Mother-of-Pearl and Rose Marble Shell-Shape Tray
Gilt-Bronze Boy Riding Turtle on Onyx Tray by Wolfers Frères
真珠母貝/薔薇色大理石シェル形トレイ
ウォルファース・フレール 鍍金ブロンズ亀に乗る少年像オニキス・トレイ


 Late 19thC France / Middle 20thC Belgium
(貝)19世紀後期 フランス
刻印:蟹?(純度800)、判読困難な工房印
グラヴュール:1093 6.5cm x 6.3cm
真珠母貝 大理石 銀
(亀と子ども)20世紀中期 ベルギー
刻印:A925(純度925)、工房印 直径:12.7cm
ブロンズ 銀 オニキス
 
天然石材を使った贅沢なトレイ2点は、そのまま室内装飾品として、テーブルの上やキャビネットの中に置き小物入れとして楽しめるオブジェである。
 
生成途中の真珠の粒が見られるアコヤ貝(真珠母貝)の殻は、19世紀の上流階級の者にとって大変な珍品だったと思われる。その様な珍しい貝を、模様を刻んだ銀枠で縁取り、これまた稀少な薔薇色の大理石に嵌め込み完成させた小さなトレイは、物入れというより特別誂えの高級工芸品である。表面の真珠層を傷めない素材のアクセサリーを入れてディスプレイを楽しんでも良い。
 
人口庭園の噴水に設えた彫像を思わせる、亀の甲羅に乗る少年の金色のブロンズ像を中央に据えた白いオニキスの円形トレイ、ビーズ状装飾の縁取りはスターリングシルバーである。19世紀から1970年代まで続いたベルギーを代表する銀器および宝飾品のメゾン、ウォルファース・フレールの20世紀半ばの作品。ウォルファースは、フィリップ(Philip Wolfers 1858-1929)の傑出した才能によるアール・ヌーヴォージュエリーが特に有名である。灰皿や小物置きに活用できる。
 
*2点は別売りです