CabinetⅠ【第Ⅰ室】〜Dolls 人形
2  images

Doll〜人形図録22

Louis XV Carved Giltwood Kissing Angel Heads
ルイ15世 金彩木彫キスするふたりの天使


Middle 18hC France
18世紀中期 フランス
長さ:34.8cm
 
天上の雲間から現れたキスするふたつの顔、彫刻した上質な木材(ウォールナット?)を金箔で仕上げた、顔から翼の生えた幼児の姿をした天使像である。天使の顔の造作や表情の繊細さから、宗教用品ではなく室内装飾品であったと思われる。元来どのようなしつらえであったかは不明であるが、城の広間を飾る大きな鏡の額縁やボワズリーと呼ぶ装飾パネルの一部と考えられる。
 
金箔の下は通常のジェッソではなく赤い漆のような下地顔料が見られ、その高級な質感からは18世紀フランス彫刻の風格が感じられる。ケルビム(天使)やプットーはロココ美術において大変好まれた主題であるが、この金色のキスする天使の彫刻はロココの優美な軽やかさとともに見る者を幸福な気分で包み込む。
 
裏のヒートン(吊り金具、現代物)で壁に掛けて飾ることができる。