Jewellery〜宝飾品図録17

Victorian Diamond Dog and Rat Novelty Brooch
ヴィクトリアン 犬とねずみ ダイヤモンド・ブローチ


Late19thC England
19世紀後期 イギリス
刻印なし 幅:4.5cm 
ダイヤモンド ルビー ゴールド 銀
 
 鎖に繋がれて自分の餌を盗み食いするねずみに手が出せないテリア犬を、パヴェ・セットのダイヤモンドで表現したヴィクトリア時代のブローチである。地団駄を踏む犬のポーズや、微妙な形にカボションカットしたルビーによる二匹の表情豊かな目の造形は、装身具の域を超えた美術工芸品として見飽きることがない。
 
 テリア犬は、狐狩りやねずみ、アナグマ等の害獣退治のために、多くの品種が19世紀のイギリスで開発され、当時のヨーロッパの人々にとってなじみの深い猟犬であった。なかでも地上のねずみ狩り専門のラットテリアは、当時の動物を虐待する賭博的見せ物ブラッド・スポーツの「ねずみいじめ (Rat-baiting)」においても活躍し、英国の王侯貴族や民衆を熱狂させた。
 
 宿敵テリア犬に対して小さな仕返しをしているねずみという、ユーモア溢れるノベルティ(目新しく珍しいの意)作品である。