Others〜その他の作品図録11

Carved and Painted Wood Terrier Dog Jewellery Box
彩色木彫テリア犬ジュエリーボックス


Late 19thC France
19世紀後期 フランス
長さ:30cm 木 ガラス 絹
 
 テリア犬は、狐狩りやねずみ、アナグマ等の害獣退治のために、多くの品種が19世紀のイギリスで開発され、当時のヨーロッパの人々にとってなじみの深い猟犬であった。美術工芸の分野においても、テリアを主題とした様々な作品が制作され、親しまれた。
 
 木彫されたテリアは黒、土台は茶に塗り分けられ、目に緑色のガラスビーズが嵌められている。犬のボディは鍵付きボックスとなっていて、蝶番の蓋を開けると、内部はマゼンタピンクのシルクサテンの釦留めされたクッションがライニングされている。
 
 犬好きの貴婦人のために制作された、ユーモラスな作品である。