Others〜その他の作品図録12

Fine Carved Coquilla Nut Snuff Flask
Carved Coquilla Nut Relief Snuff Bottle
コキーラナット(ブラジルゾウゲヤシ)彫刻嗅ぎ煙草壜


Late 18thC / Middle 19thC France
(左)18世紀後期 フランス 長さ:7.0cm
(右)19世紀中期 フランス 長さ:4.5cm
 
 新大陸からヨーロッパに煙草がもたらされた時、葉に火を着ける喫煙ではなく粉末を鼻で吸い込む嗅ぎ煙草が広まることとなった。嗅ぎ煙草は18世紀に流行の頂点を迎え、上流階級の間では嗜みの作法も確立し、その容器(タバティエール)も様々な材質、細工で作られた。
 
 16世紀半ばに初めて南米からヨーロッパに渡ったブラジルゾウゲヤシの実は、固い殻を持つ堅果で、その殻は緻密な彫刻に適しており、掌におさまる小さな工芸品に多用された。特に実のもつ脂質が内部の乾燥を防ぐため、嗅ぎ煙草の容器として好まれた。
 
 彫刻を施した壜型の嗅ぎ煙草入れは、蝶番付きの箱型に比べて数が少なく珍しい。2点とも上部のねじ蓋が失われることもなく、非常に状態が良い。実用品ではなく観賞用として蒐集された作品であったと思われる。