Others〜その他の作品図録13

Silver or Brass "Coeur de MARIE" Ex-Voto Lockets and Holy Water Flasks
銀と真鍮製「マリアの聖心臓」エクス・ヴォト ロケットと聖水入れ


Late 19thC France
19世紀後期 フランス
刻印:銀製のみフランス銀刻印 長さ:6.0〜14.5cm
 
 カトリック教会において信仰される、燃える心臓(ハート)の図柄はイエスとマリアの聖心臓を表す。イエスの聖心臓(サクレ・クール)は受難を示す茨の冠などが共に描かれ、マリアの聖心臓は薔薇の冠、剣と出血、マリアの頭文字 "M" などが描かれる。炎は強い愛の力の表象である。
 
 銀製と真鍮製の聖心臓型のエクス・ヴォト(奉納物)ロケットと聖水入れの一群は、フランス1870年頃の作品で、無地のひとつを除いて全て聖母マリアを示す図柄やモノグラムが刻まれている。
 
 エクス・ヴォトは、誓願が成就した時に、神や聖人の加護に対する感謝の証として奉納する品で、板絵や金属板等がある。蝶番で開閉できるロケット容器は、願い事や謝意を記し奉納されるだけでなく、聖遺物や護符、故人の形見を入れ、所持されることもあった。聖水入れは炎部分のネジ蓋で開閉できる。共に後ろのカンで壁に掛けることができる。
 
*すべてバラ売りです(真鍮製は完売しました)