CabinetⅤ 【第Ⅴ室】〜Others その他
 
2 images

Others〜その他の作品図録21

HERMÈS "Caduceus" Silver Desk Paper Clip by Ravinet d'Enfert
エルメス/Ravinet d'Enfert「カドゥケウス」銀製デスク・ペーパークリップ

1950's France
1950年代 フランス
刻印:ミネルヴァ(純度950、本体)、猪の頭(純度800、意匠部分)、R D(工房印)、HERMES PARIS
長さ:10.3cm
 
ギリシア神話オリンポス12神の一柱ヘルメスは、多面性を持つユニークな青年神である(ローマ神話のメルクリウスと同一視される)。神々の伝令使として多方面を駆け巡るヘルメスが携える杖カドゥケウスは、天を表す双翼と地を表す二匹の蛇で構成され、現代では商業や交通、また医業のシンボルである。
 
神ヘルメスの名を持つティエリー・エルメス(Thierry Hermès 1801-78)が起こしたメゾン・エルメスが、銀工房 Ravinet d'Enfertと制作したヘルメスの杖のペーパークリップである。旋盤による規則的な模様と対照的に曲線を描く翼と蛇の鍍金したカドゥケウスが印象深い。
 
19世紀半ばまで遡る歴史を持つパリの銀工房 Ravinet d'Enfert(Denfertとも表記する)は、カトラリーを中心とした銀食器に定評があり数々の万国博覧会で賞を獲得した。1950年以降はエルメスと手を組みエルメスのメゾンで販売する銀や銀メッキ製の文房具や喫煙小物の制作に携わった。エルメスの世界観を象徴する馬やゴルフボール、ロープをモチーフとした彼らの小物作品は、現代でもヴィンテージ・エルメスとして世界中で人気である。Ravinet d'Enfertは1984年に活動を停止、Ercuis(エルキューイ)に吸収される。
 
銀純度950の贅沢な高級文房具。オリジナルケース入りの珍しいヴィンテージ作品である。