CabinetⅢ 【第Ⅲ室】〜Works of Art 美術工芸品
4 images

Works of Art〜美術工芸品図録31

Ivory Lady's Hand Back-Scracther with Mahogany Stem
Large Ivory Lady's Hand Back-Scracther Set with Gems
象牙「貴婦人の手首」マホガニー柄付きバックスクラッチャー
貴石装飾象牙「貴婦人の手首」大型バックスクラッチャー  


Middle 19thC France
19世紀中期 フランス
(上)長さ:37.5cm 象牙 ガーネット マホガニー
(下)長さ:49.3cm 象牙 ガーネット ダイヤモンド ゴールド 銀 
 
バックスクラッチャーは名の通り背中などの手の届かないところを掻くための道具、日本の孫の手である。湯水で体を洗うと伝染病になりやすいと考えられた17~18世紀のヨーロッパでは、上流階級の者は入浴を控えた上に着脱が面倒な誂えの下着の交換も稀で、高さを競って異様に盛り上げた女性の髪型は洗髪も容易ではなかった。バックスクラッチャーは背中や頭皮の痒みを和らげる必需品として貴族の化粧台を飾り、植民地からも多く輸入された。
 
ともに赤いガーネットの指輪をした白い手首のバックスクラッチャー2点は、衛生観念が根付き始めた19世紀の作品である。当時「貴婦人の手首」はヨーロッパの芸術分野におけるセンチメンタリズムを背景に宝飾品などの分野で人気の意匠であったことから、この2点は道具というより装飾性の高い工芸品として作られた。
 
マホガニーの柄が付いた優美で柔らかな女の右手首のバックスクラッチャーは、伸ばした細い指先が実用には不向きである。ふっくらとした手の甲やしなやかに伸びた指は今にも動き出しそうで、密かに所有し愛でたい彫刻作品である。
 
宝石で装飾を施した左手首のバックスクラッチャーは、典型的な曲げ指が実用できることを示す。幼児の手ほどもある大きな手は非常に珍しいサイズで、見た目同様、持ったときの重さも迫力である。ローズカットダイヤモンドとルビーを嵌めた十字架を中心とした金銀装飾と暗赤色のガーネット・リングが白い手首に映える贅沢な逸品で、裕福なキリスト教信者または教会関係者が所有したものと考えられる。