AnnexeⅧ【分室Ⅷ】〜ヴィエナブロンズ

Vienna Bronze ヴィエナブロンズ動物誌

アンティQ【anti-Q】 アンティーク・ヴィエナブロンズ動物誌

 「ヴィエナ Vienna」は、オーストリアの首都ウィーンを英語読みしたもので、ヴィエナブロンズは、19世紀半ばから現在に至るまでウィーンで製作されている、動物を主体とする、着色された精巧なブロンズ細工です。彫刻家の作った原型からパーツごとに蝋型鋳造したブロンズを接着し、毛並みや顔立ち等の細部を彫刻、打ち出しして火にかけ、化学的に酸化させ古色を出し(現代物はこの行程がない)、コールド・エナメルと呼ばれる油性顔料(現代物はアクリル顔料)で着色するという過程はすべて手作業です。存在感のあるミニチュア作品は掌中の珠玉というにふさわしく世界中の蒐集家を魅了しています。
 
 アンティQでは19世紀後期から20世紀初頭のアンティークのヴィエナブロンズ、また当時ヴィエナブロンズの廉価版であったスペルター(亜鉛合金)作品を取り扱っております。ミニチュアの動物作品は体長3cm程度が一般的スケールモデルですが、当店では飾り映えのする大きなサイズや僅か数ミリの極小サイズまで揃えています。出来の良い作品ほど図版では実寸より大きく人を錯覚させるものです。気になる作品がございましたら、どうぞ手に取ってブロンズ細工に込められた凝縮された技をお確かめ下さい。掲載作品についての価格や状態、掲載されていない在庫作品につきましては【CONTACT お問い合わせ】よりお問い合わせください。
 

Vienna Bronze

アンティーク ヴィエナブロンズ図録

The Realm of Cats

猫の王国

擬人化した猫の作品は最も人気の高い蒐集アイテムである。現在海外のアンティークショウやオークションで様々なヴァリエーションを目にできるが、時代の若い作品が多数で、味わいのあるアンティーク作品は稀少である。

 

Mammaria Court

哺乳類庭園

19世紀後期ヴィエナブロンズは、貴族などの富裕層に向けて販売されたため、彼らの所有する猟犬や馬、領地内に生息する野生動物、農場の家畜を中心に製作された。他に動物園にお目見えした動物やピーターラビットなど絵本のキャラクターがある。
 

Bird Sanctuary

鳥類誘致園

ヴィエナブロンズ鳥類作品における、羽根の細部にまで及ぶ形態や動作表現の豊かさは、20世紀初頭までの職人が、驚くほど専門的で高度な動物学的知識を持っていたことを表している。

 

Oddities

別種の動物及び変種

当時ウィーンに多数存在した弱小ブロンズ工房同士の市場拡大への挑戦と生き残りを賭けた競争によって、他にはない変わったもの、珍しいものが生み出された。不成功に終わった作品は大量生産されなかったため、現在は非常に珍しく貴重である。